デムパの日記

あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

いきもの

水換え

昨日は熱帯魚水槽の水を1/3くらい換水。 茶色い苔がすぐ生えてくるので、まだ富栄養なのかな。 魚も増やしたことだし、もう少し換水頻度を上げようと思う。

凍結

昨夜は氷点下が長く続いたようで、一番水深の浅い屋外のエビ水槽に薄っすらと氷が張っていました。 他の屋外水槽も、発泡スチロールで囲うか水深を深くしておかないと、全凍結で全滅してしまう。 屋内への取り込みも用意しておかないとな。

熱帯魚を補充

コリドラスとカラシンを買った。 コリドラスは久しぶりのステルバイ。 安くて丈夫だからね。 これで少し賑やかになったかな。

ラペイロージア枯れ始める

いくらなんでも早すぎる。 小さい鉢に保水性の低めな用土で暖かめの場所に置いていた物はほぼアウト。 球根が生き残っているといいのですが。

ミナミヌマエビを追加

屋内水槽のミナミヌマエビがかなり数少なく、サイズも小さくなってしまったので、チビチビなオヤニラミの将来的なエサも兼ねて追加調達。 どれくらい落ちずに育ってくれるかなぁ。

ちっこいオヤニラミを水槽に

3cmくらいのを屋内水槽に入れました。 生きたミジンコには興味を持つものの食いつくところまではいかず。 冷凍アカムシを放り込んだら積極的に喰いに行ってくれたので一安心。 底物が居なくなっていたので、コリドラスでも入れようかな。

水槽の掃除

屋内のメイン水槽の掃除。 増えすぎて光線を遮っている水草をゴッソリ取り除いただけなんだけどね。 サンショウモが水槽の表面を、その下をマツモがびっしり覆っていたので、結構な量。 除去後はビックリするほど明るい水槽になった。

エサ生物を補充

ミジンコとかミナミヌマエビとかメダカとかを購入。 この時期は水温が低くて、凍結にさえ気を付ければ放置しても長持ちするので助かる。 もちろんミジンコは屋外ってわけにはいかないけど。

生存確認

オヤニラミとウナギそれぞれ少なくとも1匹の生存を確認。 全凍結前に回収してやらないとな。 ナマズも確認しておかないとなぁ。

ムシトリスミレ

行きつけの園芸店に贈答用のシクラメンを買いに行ったところ、珍しくこの時期までムシトリスミレが売られていて、中には原種のPinguicula moctezumaeまでもが。 まぁ、正しいかどうかはアレですが、葉の形はそれなりにモクテズマエっぽい。 値段も安かったの…

ラペイロージア順調

夏を越したラペイロージアが概ね順調。 シクラメンも調子がよさそうで、うちの環境と粗雑管理をくぐり抜けた強者はさすがだなと思う。

山野草も入手

山野草もいくつか追加で入手。 この時期なので地上部は無かったり落葉していたりと寂しいかぎり。 後は仕舞い込んだ球根とタネを早いところ発掘して植え付けなければ。

ネペンテス

ちょっと真面目に手を出してみようかと。 原種の中から強健な物を選んでいくつか手配しました。 今、続々と到着していますので、栽培環境が落ち着いたら写真をアップします。

負けた

結局イモムシは発見できず、今朝見たら新たなフンがありました。 戦いは続く!

バトル

今夜はこれから、風呂場でヨトウガの幼虫を退治します。 見つけるところまでが、一番大変なんだよね。 水没作戦で出てきてくれんかなぁ。

食虫植物を追加

管理の手抜きで多少数が減ってしまったので、多少補充しようかと。 今年は個人輸入もしないつもりだし。 輸入代行の利用はどうするかなぁ。

食虫植物を仮置き

屋内無加温の窓際で照明装置付きの場所に仮置きしました。 鉢の1つに大きな芋虫のフンがコロコロ落ちていたので、周囲の鉢も含めて中を改めて駆除しなければまずいです。 後はデンドロビウムとシクラメン。 暗いところに仮置き中なので、明るい窓際に置き場…

食虫植物を取り込んだ

案の定、半数近くが寒さでダメージを受けていた。復活してくれるといいのだけど。 シクラメンもミニ種が霜で葉をやられていました。 こちらは球根が生きていれば大丈夫なので心配してないですが、葉が大幅に減るので、この冬の鑑賞価値は落ちますね。 気長に…

気がつけば12月

種まきも、植え付けも、移動も、ほとんど手付かずです。 今年の僕は本当に生き物の管理に向かない状態で、戦線を後退させてかなり規模を縮小してもこの有り様。 今週末こそは本格的に動かなければ。

発芽

火曜の夜に灌水を開始したラペイロージア。 金曜の朝にはもう葉が伸びていました。 水を待っていたんですかね。 羨ましいほどの逞しさです。

今朝は−3℃

とうとう日の出後の気温も氷点下に。 車のフロントガラスにしっかりと霜が降りていました。 いくつかの植物はダメージを受けたかもしれません。 明日の取り込み作業の時に目立った被害が無ければいいのですが。

ラペイロージア

ラペイロージアの鉢に灌水開始。 タネもさっさと播いてしまわないと。 多肉のタネはお気に入りの輸入ルートがボツになってしまったので、タネは大事にしたい(冷蔵保存で何年も持つ)から慌てなくていいのだけど、発芽率の確認も兼ねて少し播いてみようかな。

今朝は3℃

今朝はとうとう3℃まで冷え込みました。 近所の青空駐車場の車にはうっすらと霜が降りていて、とうとう冬がきたなぁという感じ。 今のところはまだ低温がずっと続いているわけではないのですが、最高気温が10℃を切るのとセットになると、植物にダメージが…

寒い

とうとう最高気温が10℃を切りました。 風が冷たい! 去年と今年は記録的な暑さでしたが、さすがに11月も下旬になると、冬の気配が濃厚。 屋外放置中の植物を取り込めるように、この週末は屋内栽培場の整理をしないとなぁ。 あ、初雪前に車のタイヤ交換も済ま…

種まきが遅れている

種まきや球根の植え付けが遅れています。 予定の時期を1ヶ月以上過ぎているものもあって、常緑植物の冬越し準備と併せてやるべきことがいっぱいです。 このぶんだと、保存可能な種子は冷蔵庫で一年寝かせるしかないかなぁ。

ノーベル賞

生理学医学賞が発表されましたね。 低酸素応答とは、またかなり意外なところをついてきたなというのが第一印象。 さて、明後日の化学賞は生物がらみか、ピュアな化学か。

日が短くなってきた

家に着く頃にはもう暗くなっています。 蚊が減ったのはいいのですが、屋外作業には照明装置が必要で、なかなか秋冬に向けた作業が進みませんね。

サボテン

こんな感じ。 徒長し始めたので、さっさと切り取って切り口を乾燥させようと思います。 そのあとは水に触れない水位の水栽培方式で根出しです。

晴れました

久しぶりに、真夏のような陽射し。 空が眩しいくらいです。 気温的にも、週末には冬型植物の植え付け、播種、灌水などを始めてもよさそうです。

サボテンの子吹き

管理をしくじって形がいびつになってしまった花サボテン。 どーすっかなーと思っていたら、子株が吹いていた。 もう少し育ったら切り取ってやろう。 写真はまた後日。