デムパの日記

あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

科学

留守番

諸般の事情で休みを取って長男と2人で留守番。 長男は撮りためてあったサイエンス・ゼロに食いついている。 少しは科学に興味が湧いてきたのかな?

データの使い方

手持ちの地味なデータだけで、それらしいストーリーをでっち上げて発表しなければならなくなった。 嘘やミスリードを誘うような事はもちろん絶対にするつもりはないけど、聞いてわかりやすいストーリーが有ると無いとでは聴衆へのアピール力が全然違う。 地…

アフターマンを買った

鼻行類、平行植物と並ぶ、生物学の三大奇書の1つ。 絶版になっていて古本しか手に入らなかったのが残念だが、子供向けに漢字にルビを振ってある新刊が出ていて、そういう姿勢はなかなかイイじゃないかと感心した。 アフターマン 人類滅亡後の動物の図鑑 児…

ノーベル賞

生理学医学賞が発表されましたね。 低酸素応答とは、またかなり意外なところをついてきたなというのが第一印象。 さて、明後日の化学賞は生物がらみか、ピュアな化学か。

ついに達成!

年末から調子に乗り始めた数年来の懸案をついに完全に達成した! あとは自宅のMacに同じかそれ以上の環境を構築すればいつでも同じ解析ができる。 ここに来るまで本当に長かった… ファイル形式の違いとかソフトのバージョン違いとか、あまりにクセが強すぎる…

ほぼ達成!

登頂! ただねぇ、計算結果のグラフィック表示がうまくいかないのと、もうひとつ気にかかることがあるんですよね。 仕事に使う分には大した問題ではないので、あとは年明けに持ち越しです。

二歩前進

五合目くらいで躓いて以来、一年以上放置していた、新しいデータ解析手法で跳躍! なぜうまく行かなかったのか、今ならわかる。 行き詰まったらしばらく寝かせるのは有効ですね。 一気に頂上が見えるところまで進みました。 明日には登頂できる見込み。 うま…

天体観測

長男と近所の公園まで天体観測に。 目的は日没直後の金星と水星。 残念ながら雲がかかっていて水星は見られなかった。 子供と雑談しながらの夜の散歩もいいものだね。

現実逃避

溜まった事務仕事から逃避するため、今日はひたすら実験。 とはいえ書類が減るわけでも締め切りが延びるわけでもなく。 明日は泣きながら書類と格闘することになりそうです。 お金や時間や報告書の心配をせずに、好きな実験に没頭する生活がしたいなぁ。

くすぐったい

ライフサイエンス新着論文レビューより。 ラットの体性感覚皮質におけるくすぐったさと相関する神経の活動 ぜったいNatureだろうと思ったらScienceの論文でビックリ。

祝!大隅先生ノーベル賞受賞!

日本で行われた研究でノーベル賞を受賞されたのは、とても目出度いことだと思います。 研究材料は人培養細胞でもマウスでもなく、出芽酵母! パン酵母といったほうがなじみがあるでしょうか。 真核生物に共通のメカニズムを解明された業績は素晴らしいの一言…

ヒトのノロウイルスの培養細胞での増殖に成功!そしてマウスのノロウイルス受容体も発見された!

ヒトのノロウイルスの培養に成功すれば3大誌(ネイチャー、サイエンス、セル)に間違いなく載ると長い間いわれてきましたが、ついに成功したという論文がアメリカ科学振興協会のScience誌*1に掲載されました(8月24日付電子版)。 Replication of human …

楽しい1日

なかなかエキサイティングな1日だった。 吸収したモノをどのようにアウトプットしていくか考えないといけないのだけれども、それもまたよし。 そんな感じで、心地よい疲労感と、知的興奮状態が同居しているため、今夜の睡眠がどんな感じになるのか楽しみな…

細胞分裂と減数分裂の勉強

苦手分野克服のための勉強第2弾。 分子レベルの理解が進んだからか、約30年前には謎の呪文だった細胞分裂と減数分裂の過程が比較的ロジカルかつ具体的に理解できた気がする。 コヒーシンとかキネシンとか、モノが見えると理解が違うね。

RNAの勉強

科学の最前線を離れたころからはやりだした分野はどうも苦手。 その最右翼がRNA。 少し時間と気分に余裕が出てきたので、重い腰を上げて教科書を開いてお勉強。 miRNAとsiRNAとRNAiとCRISPR-Casについておぼろげにつかめた。 ような気がする。

ヒトとマンモス 北極圏の戦い

アメリカの科学雑誌「Science」に面白い論文が出ていたので紹介します。 オリジナル論文はこちらEarly human presence in the Arctic: Evidence from 45,000-year-old mammoth remains 解説記事はこちらGrisly find suggests humans inhabited Arctic 45,000 y…

ポケットガイガー

久しぶりにポケットガイガー1号機(組み立て式の初代モデル)を動かしてみた。 うんともすんとも言わない...orz 電池を新しい物に替えてみたけど、やっぱりすごく感度が低い。 手持ちの線源(ランタン用のマントル)にも少ししか反応しない。 バージョンア…

テスター買った

Amazonで一番安いデジタル表示のテスターとクリップアダプターを買った。 コンパクトでなかなかいい感じ。Sanwa(三和電気計器) デジタルマルチメーター PM-3出版社/メーカー: 三和電気計器メディア: Tools & Hardware購入: 5人 クリック: 18回この商品を含む…

双眼鏡買った

天体観測とバードウォッチング用に。 ホントはニコンの中級機が欲しかったのだけど、2万くらいするので断念。 (最近散財してるからなぁ・・・) 防水とかマルチコートとか上を見れば切りが無いからねぇ。 最終的に候補に挙がったのは以下の2機種。Kenko 双眼…

天体望遠鏡のカビ対策

先日の日記でカメラレンズのカビ対策について書きましたが、もうひとつカビ対策が必要な大事な機器について失念していた。 天体望遠鏡の鏡筒! 慌てて見に行ってみると、鏡筒は重量バランスの関係で対物側を下に直立という、保管的にはあまりよろしくない状…

動物学会の一般公開に行ってきた

昨日は家族総出で日本動物学会第85回大会の一般公開イベントに行ってきました。 目当ては「動物学ひろば」 大昔はこんなイベントやってなかったよね。 子供や一般の人にはいかにもウケそうな展示。 子供たちはタッチプールでナマコやクモヒトデに触って大は…

サンガー死す

ずいぶん前の話ですが、フレデリック・サンガー博士が亡くなりました。 蛋白質を構成するアミノ酸残基の配列を決定する方法を開発したことで1度目の、そして次にDNAの塩基配列を決定する方法を開発したことで2度目のノーベル化学賞を受賞した巨人です。…

論文読んでない

最近ぜんぜん論文を読んでいません。 ネイチャーダイジェストとか、ネットでFirst Authersを流し読みするくらい。 以前は昼休みにPlos系のを読んだりしてたんですけどね。 ちょっと非モデル動物の研究について調べたくなってきてはいるのですが、気力と時間…

自動導入望遠鏡用のバッテリー購入

セレストロンのPowerTank7を購入しました。 念のためシガーソケット→望遠鏡のケーブルも買いましたが、同様の物がバッテリーの中に1本入ってました。 ただ、これが金具が固くてPowerTankになかなか刺さらないという優れものorz 本体への収納もかなり無理し…

天体望遠鏡用に外部電源を注文

「単三アルカリ電池8本使え」と無茶な仕様のNexstar4SEですが、さすがに一晩で電池8本消費するのは経済的に厳しいので、これまではエネループで使ってました。 ただNexstarの基板は電気的にかなりナイーブらしく、高値で買ってしまった大事な望遠鏡であまり…

仙台市天文台

昨日は久々に天文台に行って来ました。 大人はお金がかかるので、僕は売店裏で読書など。 子供たちは1時間程度で満喫したようで、さっさと引き上げ。 帰りに秋保まで足を伸ばして(天文台からなら車で5分ちょいだ!)、さいちのおはぎを購入。 相変わらず…

科学とか医療とか

転勤して生活や仕事のスタイルががらっと変わったせいで、このところ科学医療系のネタをほとんど書いていません。 そもそも図書館で科学雑誌を読んだり、昼休みや帰宅後にネットで科学ニュースを見ることがほとんどなくなったというか、見る暇もなくなったと…

天体望遠鏡始動

先日入手したセレストロンのNexStar4SE、ちょっと時間が取れたのでとりあえず物理的に組み立てて、自動導入・追尾のためのアライメントはせずに月を見てみました。 30年前に中古の7cm屈折式望遠鏡で見たのとはまったく違う、クレーターの凹凸…

天体望遠鏡到着

長らく待ちわびた天体望遠鏡が届きました。 人生初の非屈折式(って言っていいのかな?マクストフカセグレン式)望遠鏡。 以前持っていたのは中古のケンコー70mm屈折式経緯台だけでしたからねぇ。 届いて驚いたのがその梱包の大きさ。 三脚があるからとはい…

奨学金の返済が始まるよ。

日本育英会(現:日本学生支援機構)からはまだ何も連絡が無いのですが、奨学金の免除規定の関係で今年から残額を分割返済することになります(関係書類は期日までに提出済み)。 ようするに免除職から外れて一定期間が経過してしまったわけです。 毎年20…