デムパの日記

あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

医療

フラジャイルの最新刊

買った。 フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(18) (アフタヌーンコミックス) 作者:恵三朗,草水敏 発売日: 2020/08/21 メディア: Kindle版 妻によると、裁判や弁護士事務所の描写が無茶苦茶だという事だった。 僕は勤務医と一緒に働いてた事もあるのだけ…

センザンコウから新奇コロナウイルス2種

ちょっと遅いですが、先月ネイチャーに載ってた論文2本。 https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/583/7815/s41586-020-2169-0 https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/583/7815/s41586-020-2313-x 新型コロナウイルス関係だからか、日本語要約だけでな…

実験医学

何年かぶりに実験医学を買った。 コロナウイルスの特集が載っていたので。 なかなかわかりやすくて良い。

人出が多い

昨日までと比べて明らかに車や歩行者の数が多い気がする。 北九州では3週間感染者ゼロだったのが、連休明け2週間目から感染源不明の新規感染者が続々と報告されて、第二次流行期に突入した可能性が高いです。 我が県を含めてすべての都道府県で非常事態宣言…

コロナウイルス感染症の影響力

我が県のコロナウイルス感染者の累積人数は、1万人あたり0.38人。 2万6000人にひとりです。 累積感染者数は微増から横這い。 この状態をどう見るかは人それぞれでしょうが、先日定期的に通院しているかかりつけのクリニックに行ったところ、待合室には会計…

コロナ増えてますね

宮城県全体ではまだ感染者は五十人以下で、再生産率も1を切ってはいますが、感染経路不明と今後の東京からの新規持ち込みを考えると、全然油断できないですね。

今日も風が強い

コロナウイルス感染症は、完全に次の段階に入りましたね。 これから全国的に感染源不明の患者が増えてくると思います。 患者増のピークが何時ごろになるのか、毎日の新規陽性者の推移を注意深く見ています。

ステージが変わったかも。

宮城県で新たに見つかったCOVID-19患者。 今のところ感染源がはっきりしないようで、宮城のステージが1段階上がったのかもしれません。 どこで誰からうつったかわからない患者の発生が続くようになると、追跡と封じ込めによるコントロールが非常に難しくなる…

コロナ騒ぎ

各地でいろいろな物が売り切れているようですが、我が家のあたりは田舎なせいか、トイレットペーパーと米はスーパーの棚にありました。 衆愚と言ってしまうのは簡単ですが、東日本大震災の時のことを思うと、いろいろ考えてしまいます。 早く落ち着くといい…

COVID-19雑感

職場でも各種会合の中止のお知らせが次々と飛び込んできます。 一部はキャンセル料なども発生しているようで、幹事や主催者の皆さんにはお役目御苦労様ですとしか。 国内の患者数が減少に向かうのはいつ頃になるのでしょうね。 僕の個人としての見解は「患者…

Amazonのマスク

出品者という名の転売屋が、定価の20倍くらいの値をつけて荒稼ぎしていましたが、Amazonの指導が入ったのか、物によっては定価の3倍くらいまで値が下がりましたね。 その代わり送料が一万数千円と、合算すると前と変わらないくらい。 その知恵をもっと生…

手指消毒

いろいろな生き物を飼っている関係で、容器や器具の消毒に、消毒用エタノールを多用します。 今回のコロナウイルス騒ぎの前からストックをしていたのですが、Amazonだと以前から結構な値段だったので、ドラッグストアなんかで買ってました。 飲めるやつは酒…

新型コロナウイルス

中国本土での新規患者数の伸びが鈍化してきましたね。 https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6 累積患者数は7万人で、死者は1千7百人くらいです。 武漢の人口が1000万人、中国の人口が14億人と…

新型コロナウイルス感染症雑感

潜伏期間が長くて、軽い風邪のような軽症の期間が長ければ、飛沫感染でも人口密度が高い地域では感染爆発するよね。 患者が都心で公共交通機関を使っていれば、もう種まきは終わってる。 要するに公衆衛生学的には、日本は既に敗北してる。 今後予想される最…

ワクチン接種

今日はインフルエンザのワクチン接種。 職場の斡旋だと安いのだけど、時期が遅くなってしまうので自費で。 他のワクチンとのスケジュール調整を考えると、大人は1回接種で済むので助かる。 破傷風なんかも追加接種しておきたいけど、暇とお金がねぇ。

インフルエンザワクチンの接種

先日、かかりつけのクリニックでインフルエンザワクチンを接種してきました。 副反応は接種部位の腫脹くらいで、特に支障なし。 それよりも子供が拾ってきた風邪がうつったのか空気が乾燥してきたからなのか、喉の痛みがあってちょっと辛いですね。

ヒトのノロウイルスの培養細胞での増殖に成功!そしてマウスのノロウイルス受容体も発見された!

ヒトのノロウイルスの培養に成功すれば3大誌(ネイチャー、サイエンス、セル)に間違いなく載ると長い間いわれてきましたが、ついに成功したという論文がアメリカ科学振興協会のScience誌*1に掲載されました(8月24日付電子版)。 Replication of human …

インフルエンザの予防接種

インフルエンザワクチンを接種。 今年からB型を2つにして4価ワクチンになったようだ。 腫れ等の副反応が強く出る人もいるという噂も。 いわれてみれば確かに腫れ始めるのが早いような気も... まぁそれに見合うだけの効果があればいいのですけどね。

麻疹(はしか)あなどるなかれ

国立感染症研究所の病原微生物検出情報サイト。「SSPEの悲惨さと青空の会の思い」を、ぜひ多くの人に読んでいただきたいと思ったのだが、Webでは公開されていなくて残念。 と思ったら、ページの上の方に全文pdfのファイルがありました。 IASR Vol. 36, No.4…

インフルエンザ

朝夕寒いです。 もう一枚くらい着込まないと辛いかも。 ただ、職場は結構暑いんですよね。 しかし湿度はかなり低い。 マスクすると暑苦しさが倍増するのですが、自己防衛のためには仕方ないかな。 子供の学校では、インフルエンザB型の流行が一巡して、今度…

インフルエンザ

家族が次々高熱を出し、元気いっぱいなのは長女だけとなりました。 大人ふたりは低空飛行。 子供はふたりともB型と思われます(1人は発熱直後の診断で検出できなかった)。 B型は薬の効きがイマイチなのと、症状が長引きやすいので厄介ですね。 医者と薬…

科学とか医療とか

転勤して生活や仕事のスタイルががらっと変わったせいで、このところ科学医療系のネタをほとんど書いていません。 そもそも図書館で科学雑誌を読んだり、昼休みや帰宅後にネットで科学ニュースを見ることがほとんどなくなったというか、見る暇もなくなったと…

2度目のMRワクチン接種。

子供を医者に連れて行ったついでに2度目のMRワクチン接種をしてきました。 接種後はいちおう30分ほど病院で待機。 子供の薬を取ってくるのにちょうどそれくらい時間がかかったのでちょうどよかった。 あと自分が打っておくべきワクチンは何があるだろう?…

ワクチン接種してきた

予防接種歴も罹患歴も不明なので、念のためワクチン接種。 麻疹(はしか)と風疹の混合ワクチン(生ワクチン)。 任意接種なので保健はきかず補助金も無いので、とても高かった。 生ワクチンだからか、インフルエンザワクチンの倍以上。 万札出しても小銭数…

ものすごくわかりやすい!感染症対策についての一般向け図書(アプリもあるよ)

インフルエンザのシーズンが近づいてきました。 職場でも風邪症状の人を見かけます。 インフルエンザワクチンの接種については、有効性がいまひとつアレなのでナニですが、僕自身は基本的にワクチンで予防できる病気はワクチン接種しておいた方がいいと思っ…

ワクチン接種

医者に行ったついでにインフルエンザワクチン接種をしてきました。 (職場の斡旋だと接種は12月になってしまうので) おなごどもは別件で留守だったので今日は僕と長男だけ。 長男は少し怖そうでしたが、特に嫌がるでもなく無事接種。 とはいえ、はやいとこ…

ノロウイルスのこと

先日に続いて自ら体験した食中毒について。 博士課程の学生だったころ、研究室の忘年会に出席しました(金曜の夜)。 その年はいろいろあって(なぜかはもう覚えていない)街中の居酒屋に毛が生えた程度の和食の店に。 スキヤキなんかと生牡蠣が出て、おいし…

焼きおにぎりの思い出

暑さもピークを過ぎ、細菌性食中毒の発生も下火になりつつある今日この頃ではありますが、ちょっと食中毒の話なんかを一つ。 気持ちの悪い描写もありますので、ご注意を。↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 10年以上前、僕は同僚らと一緒にとある居酒屋…

破傷風の予防接種について

破傷風の予防接種を受けようかどうしようかと考えている。 今の仕事は時にがれきの山を歩くことなどもあり、かつては実際に古釘を踏み抜いてしまった事もある。 その時はすぐ近所に薬局があったので事情を話して傷口を洗わせてもらい、抗生物質の軟膏を塗っ…

花粉症

朝から庭の草むしりをしていたら、くしゃみが止まらなくなった。 花粉症の薬は通年飲んでいて、3月からはステロイドも内服している。 今期は今日に至るまで結構営業の仕事で山間部を出歩いていたにもかかわらず、はっきりとした症状は皆無だったので、正直…