デムパの日記

あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

政治

新型コロナウイルス感染症雑感

潜伏期間が長くて、軽い風邪のような軽症の期間が長ければ、飛沫感染でも人口密度が高い地域では感染爆発するよね。 患者が都心で公共交通機関を使っていれば、もう種まきは終わってる。 要するに公衆衛生学的には、日本は既に敗北してる。 今後予想される最…

選挙結果

自分が投票した候補は危なげなく当選した。 めでたい。 一層の活躍に期待。 別の選挙区から立候補した友人の友人で僕も多少は面識がある新人候補は、残念ながら僅差で落選。 政令市の選挙区なのに、当落の差が300票とか、どんだけ投票率が低いのかと。 その…

県議会議員選挙

いつもは午前中早くに行くのですが、今回は別件があったので昼過ぎに。 天気も悪くなかったのと時間帯のせいか、駐車場に先客はなし。 さくっと投票を済ませてきました。 長女は18才から選挙権ありになったその年に、いきなり参議院議員、仙台市長、宮城県…

選挙

市議会議員の選挙に行ってきました。 目当ての候補は多分当選するでしょう。 そんな感じの軽い選挙でした。

反原発と反石炭火力発電

原子力発電と石炭火力発電。 両方とも建設・稼働に反対という人たちは、太陽光発電で電力が賄えると本気で思っているのだろうか? きっと水力発電用のダム建設(すでに大規模な適地はないけど)も、「無駄な公共事業反対!」って言うんだろうなぁ・・・ なんか、「…

地理と政治

国の場所は動かせないから。進化する地政学―陸、海、空そして宇宙へ (戦略と地政学)作者: コリングレイ,ジェフリースローン,Colin S. Gray,Geoffrey Sloan,奥山真司出版社/メーカー: 五月書房発売日: 2009/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 11回この商…

安全保障入門

安全保障入門 (星海社新書)作者: 石動竜仁出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/08/26メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る帯に「教養としての安全保障」とあるように、政治的思想の左右に関わらず広く読んでほしい本です。 あくまでも入門なので…

バングラデシュのテロ

バングラデシュのテロ。 とうとう日本人の犠牲者が出てしまいました。 犠牲になった皆様のご冥福をお祈りします。 今回の事件は両国にとっても非常に残念な事態だと思います。 バングラデシュ人の知人(上流階級と中産階級)が2人いるのですが、彼らの安否…

政治について思うこと

万人が満足する政治なんてないんだから、いかに現実的かつ実現可能な範囲で妥協できる政策を実行するしかないと思うのだけど、野党である事に誇りを持っていた共産党と、社会党右派と自民党の非主流派が集まった民進党(旧民主党)が選挙協力とか、時代は変…

シビリアンの戦争―デモクラシーが攻撃的になるとき―

いま一番読んでみたい本です。シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき作者: 三浦瑠麗出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2012/10/19メディア: 単行本購入: 13人 クリック: 615回この商品を含むブログ (17件) を見る以下、山形浩生氏の書評から引用…

選挙

市議会議員選挙に行ってきました。 選挙公報には過去の実績や連続当選回数を書いている人、できもしない理想ばかり書いている人、ご立派な役職を書き連ねている人、若さとパワーをアピールしている人などいろいろですね。 僕は基本的に支持政党が決まってる…

ひと区切り

昨日懸案事項が2つ片づいたので、かなり気分が良いです。 事務所内をずいぶん歩き回ったので、腰は痛いんだけどね。 ちょっとずつだけど前進している実感があって、体調も気分も上向いている様に感じます。

地方自治体の独法化

政府は4月1日付けですべての地方自治体を独立行政法人化すると発表した。 市長や議員など特別職を除く全ての地方公務員は新設の地方独法職員へ移行することとなり、地方公務員の数と人件費は実質ゼロとなる見通し。 独法の運営費には従来の地方交付税交付…

一ヶ月が経った

朝からなんか疲れてて、仕事行きたくなかったw そうも言ってられないので普通に出勤して仕事を始めたんだが、キリキリと順調に仕事を進めて気がつけば昼休み。 午後も普通にキリキリ働いていたらあっという間に定刻を過ぎていた。 やっぱ営業仕事が性に合っ…

自民党入党について

自民党に入党しようと思って申込書を取り寄せたのはいつだったか... 書類を整理していたら、未提出のままだった入党申込の書類が出てきた。 党員の紹介がないとは入れないってのが、ちびっとハードル高い。 いや、名刺もらってたり直に電話できる程度の知り…

肌寒い一日

時々ストーブつけて、買い物に出る以外はiPodTouchつついたり本読んでだらだら過ごす。 ところで、僕は思想的には右寄りだと自分でも思っていたんだが、ネット上で愛国系の人とお話しするにつけ、かれら(の一部は)左よりの人たちと同じく、ちょっとした勘…

子宮頸がんワクチンで不妊に?(3件追記しました)

新型インフルエンザワクチンが実は不妊化ワクチンで...という与太話についてはずいぶん前に書いた(参照)。 最近になって、「子宮がんワクチンが実は不妊化ワクチン」「不妊化ワクチンで民族浄化」という与太話が出回っている。 前回の騒ぎと違うのは、この…

お盆休み

お盆休みで人口密度も下がり、何となくまったりとしたムード。 でも午前中は結構やることがたくさんあり、ばたばたして過ごした。 午後は少し腰をすえてデスクワーク。 なんとか滞貨一掃に成功した。 来週はイレギュラーな仕事でかなり慌ただしくなりそうだ。…

民主党の国会議員ってこんなのしかいないのか?

支持率低下でジリ貧の民主党政権、今度は大学校を槍玉にあげるようだ。リンク: 事業仕分けで民主党が目をつけた「大学校」の実態 - 速報:@niftyニュース. 大学校などへの国費投入金額を調査している民主党参議院議員の谷岡郁子氏はこう指摘する。「気象大学…

似非民主主義との第三種接近遭遇

博士の異常な衝動〜または私はいかにしては同調するのをやめて口論を愛するようになったか〜 昨日の同調圧力と似非民主主義にまつわる寓話。 (これは事実を参考に創作したフィクションです) (2月22日改訂 差し障りのありそうな部分をぼかしたw) 大学生…

農地転用の功罪

anhedoniaさん(左思右相)の農地問題は迷宮を読んだ。 僕は件のNHKの番組は見損ねたんだが、いろいろ思うところがあったので書いてみる。農地の転用に関して一番印象深いのは、大規模なショッピングセンターの建設だ。農地転用→借地権設定して土地は証券化…

江青は蓮舫で決まりだね。

この記事 全く同感。 でも非専門家というか、素人にわかりやすく説明するスキルは磨かないとね。しかし、ホントにこれで良いのか? いざとなったら僕もアメリカに逃げるかなぁ。 英語の勉強しよっと。

新聞

もとはアサヒをとっていた。 あざとい印象操作が気になって読売に変えた。 あざとい地方公務員たたきが気になって毎日に変えた。 中身の薄さと紙面の薄さが気になって産経に変えた。 子供っぽい論調と馬鹿っぽいところが気になって地元紙に変えた。 独自のス…

民主党の目指すもの

しかし民主党の仕分けチームとか、科学技術系の予算削っていったいこの国をどうしたいんだろうか? まぁ、結果的に日本を解体して中国と韓国に安売りしたいってのはよく分かるんですがw 民主党の議員にはその見返りに中国共産党幹部の椅子でも用意されてる…

インフルエンザその2

巡回先で紹介されてた記事。 http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1873234厚生労働政務官の足立さま。 すごいね。 これが政治主導ってやつか。専門家の科学的判断よりも政治家個人の主張が優先されるなんて。 WHOの勧告と一致してる日本…

ものすごく気分が悪い

軍事評論家の江畑氏が亡くなった。 氏の著作は何冊か読んだが、思想とか右とか左とか与党とか野党とかではなく、冷静に軍事についてのみ解説し、専門外のことについて軽々しく発言したりしない彼の姿勢にはとても好感が持てた。 こんな時代の日本にとって、…