デムパの日記

あるいは「いざ言問はむ都鳥」普及委員会

いきもの

ヒメダカも続々と孵化

順調に孵化が続いて十数匹になりました。 ゾウリムシも増やして投入。 いったん締めて、産卵用の水草をいったん親魚のところに戻しました。

ハエジゴク開花

ハエトリソウともいう。 指先で受粉してみた。

雨対策

今日はそこそこの雨が降り続いています。 メダカ池はどれも越流対策をしていないので、梅雨に入る前に、せめて水位を下げておくなどしないとなぁと思っています。 できればスポンジなんかを使って魚が流れ出さないように工作したいところです。

クロオオアリとミカドオオアリ

どちらも女王の腹部がパンパンです。 夏の間にどっさり産卵してくれることでしょう。 昆虫ゼリーと乾燥赤虫だけでこんなにお腹が膨れるのはこれまでに経験がありません。 何が違うのだろう?

アシナガバチの給水

写真はありません。 メダカ水槽にアシナガバチが給水に来ています。 1日に何度も見るので、数匹が来ているのではないかと思っています。 我が家の軒下には巣を見かけないのでどこから飛んできているのかは不明です。 アシナガバチの飼育はいつか再挑戦したい…

ヒメダカの稚魚

先日から通算で7匹の稚魚を確認。 成魚の数に比べるとずいぶん少ない。 孵化前の卵がまだ残っているのかもしれない。 不思議なのは、今季はヒメダカも青メダカも卵をぶら下げたメスを一度も見ていないこと。 いつ産み付けているのだろう?

少しだけ蒸し暑かった

昼頃には27℃まで上がったけど、ここのところの気候どおりすぐに22℃くらいまで下がってしまう。 日差しや温まった地面からの輻射で蒸し暑くも感じるのだけど、風が爽やかなんですよね。 結婚飛行はいつになるのだろう? もしかして見逃したのではないかと心配…

予想した通り

メダカ水槽から水草などを別容器に移したところ、さっそく数匹の稚魚が孵化していました。 これでメダカ2品種の繁殖が軌道に乗り始めました。 立ち上がりが遅れたので、梅雨の低水温期までにどこまで育てられるかが最初の関門になりそうです。

犯人を見つけた

さっぱり稚魚が出てこない方のメダカ水槽。 気になって産卵床を取り出してみると、5mmくらいのヤゴがたくさんしがみついていました。 そりゃ稚魚がいないわけだ。 近日中に全ヤゴを回収して、メダカは網をかけるなどの対策を講じる予定です。 ヤゴはスッポン…

ミカドオオアリは順調

ワーカー4匹体制になりました。 木製蟻巣へはなかなか引っ越してくれません。

イシモチソウの生き残り

一株だけ顔を出した。

メダカの稚魚

相変わらずピンぼけ。 大きいのは既にメタリックブルーの発色が感じられる。

メダカ孵化

今期最初の稚魚がたくさん孵化していました。 ちっこいので、なかなかピントが合わない。 2匹写っています。 粉末飼料とミジンコを与えておきました。

昨日より蒸したけど

やはり気温が足りず、飛行は確認できませんでした。 観測史上最も遅くなるのはほぼ確実に。 最悪の場合、飛ばない可能性も。 どうなるのかなぁ。

今日も飛びませんでした

昨日まとまった雨が降ったので、今日気温が上がればと期待したのですけどダメでした。 微風なのは好適なんですが、爽やかで気持ちがいいんです。 もっとこう、夏の夕立の後みたいな、軽くむせかえるような蒸し暑さがほしい。 たった1日でいいんですけどねぇ。

蟻巣の製作

オオアリの飛行に備えて、中国通販で買った蟻巣をせっせと組み立てる。 床に座って作業したので、ずっと前屈みで腰が痛くなった。

バラが満開

こないだのが満開だと思ってたら、そこから見事に開きました。 花は良いねぇ。

庭仕事

庭木の剪定など軽い庭仕事。 長期間に渡って放置していたため、鉢植えは8割がたダメになっている感じ。 生き残りの逞しい連中を大事にしなければ。

飛行条件が揃わない

ちょっと蒸し暑いくらいの気温と湿度に無風か微風。 そんなクロオオアリ、ムネアカオオアリ、ミカドオオアリの結婚飛行の条件が、今年はなかなか揃わないですね。 ここ十数年でもかなり遅い方です。 土曜に飛ばなければ再来週でしょうか。 痺れを切らして五…

木製蟻巣が待ち遠しい

樹上系の女王が2匹あぶれているので、はやいところ木製蟻巣がほしい。 ステータスを見たら現在通関中のようで、早ければ明日、遅くとも来週中には届くと思うんだけど。

メダカとムジナモ

ピンぼけと水面の映り込みが酷い。 一眼にPL フィルターかませないとダメだね。 まずはバッテリーの充電から始めなければ。

バラの季節

今年はイマイチ調子がよくない。

越冬してた

花蓮。 今年はダメかと思っていたが、無事に葉が展開し始めた。 そろそろ遅い植え替えや施肥をしないとね。

なかなか飛ばないアリ

今年は気温、湿度、風の条件がなかなか揃いませんね。 蒸し暑い無風の夕方が訪れるのを心待ちにしているのですが。 あと2週間くらいが勝負だと思っています。

今日もアリの世話

気温が上がってきたので昆虫ゼリーがすぐに黴てしまいます。 そろそろ面倒がって丸々入れるのではなく、小皿に小分けにしてやらないとお財布に厳しい。

ミカドオオアリ2年目コロニー

幼虫の発育がすごい。 プリプリです。 これ全部が今季中に羽化すると思うと感激。 しかし、木製蟻巣に引っ越してくれないのは何故なんでしょうねぇ。

メダカ元気

食欲旺盛でいい感じ。 ボウフラ対策にも大活躍。

石膏蟻巣を洗ってみた

蟻巣を部分的に解体して石膏部分を取り出して、お湯で洗ってみました。 60℃くらいの湯で表面をしっかり流し、水道水で冷やして軽く水を切ってから改めて蟻巣に装着しました。 一晩放置した結果がこちら。 無事に入ってくれました。

昨日は日差しが強かった

気温は一昨日のほうが高かったけど、カラッと晴れたので、植木鉢の植物がけっこう萎れていた。 そろそろ毎日撒水した方が良いのかもしれない。 今年の梅雨入りはいつ頃になるのかなぁ。

アリの世話

昆虫ゼリーはあっという間にカビますね。 水と一緒にひと通り新しいものに交換。 調子が悪そうなのを小型容器に移す。 調子を崩してワーカーが全滅したコロニーでは、特にワーカーが羽化するまでは女王に水と餌の補給が重要ですね。